健康食品と言うサプリメント

柿の葉茶|作用と性質、注意事項

健康茶である柿の葉茶の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

柿の葉茶という健康茶とは

原材料…柿の葉茶の原材料である柿は、北海道と沖縄県を除く日本の全県で栽培されています。

特徴…柿の実は二日酔いによく、胃の粘膜を強くする作用があります。柿のへたは、漢方では、胃けいれんなどの改善に作用が期待されています。干し柿の表面にできる白い粉は、小児の気管支炎などの改善に作用が期待されています。

利用方法…柿の葉は、ビタミンCが豊富で健康茶として利用されています。

効能効果などの注意事項-健康食品やサプリメントの作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

柿の葉茶で期待される健康維持の作用

  • 血圧が高めなのを改善します。
  • 肌荒れを改善します。
  • 歯ぐきからの出血を改善します。
  • かぜの予防、改善をします。

柿の葉茶の主な栄養成分と性質

  • プロビタミンンC…柿の生の葉は100g中1000mgとレモンの10倍以上のビタミンCを含有しています。柿の葉に含まれるのはプロビタミンンCといって、ビタミンCになる一歩手前の状態で、熱に強くお茶にしても失われにくいものです。かぜなどの感染症への抵抗力をつけ、メラニンの生成を抑えます。
    また、ビタミンCは、コラーゲンの生成にはたらき細胞と細胞をつないで各組織を丈夫にする作用があり、血管壁を丈夫にし、動脈硬化や脳卒中、高血圧の予防に健康維持の作用が期待できます。
  • フラボノイドの一種アストラガリン…アレルギー症状を抑制する作用があります。
  • フラボノイドのケルセチン誘導体…血圧を上昇させる物質の生成を抑制する作用があります。

  1. ≪≪≪健康茶