健康食品と言うサプリメント

大豆イソフラボン|効能効果と注意事項

種子・胚芽・果実類健康食品である大豆イソフラボンの作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

大豆イソフラボンという健康食品について

原材料…大豆に含まれていて女性ホルモン(エストロゲン)のような作用がある植物エストロゲンでフラボノイドの一種です。

特徴…女性ホルモンのような作用があり、女性ホルモンが不足する更年期障害の症状の予防や閉経後に生じる生活習慣病の予防に期待されてます。また、女性ホルモンの働きを抑制する性質もあり、女性ホルモンの過多な働きによる乳がんの予防効果も期待されます。

利用方法…50mgの大豆イソフラボンを摂取すると作用が期待できると考えられています。サプリメント以外に大豆食品から摂取することができ、豆腐なら100g、納豆なら50~60gを1日に摂取すると効果があると考えられています。継続して利用することで生活習慣病の予防改善に効果があると考えられています。

効能効果などの注意事項-健康食品やサプリメントの作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

大豆イソフラボンで期待される健康維持の作用

  • 更年期障害の症状の予防と改善に効果があると期待されています。
  • コレステロールや中性脂肪を低下させる作用が期待されます。
  • 骨を強くし、骨粗しょう症の予防と改善に作用が期待されます。
  • 抗酸化作用が期待されます。
  • 乳がんや前立腺がんなどの抗がん作用が期待されます。

大豆イソフラボンの主な栄養成分と性質

  • ダイジン、ゲニスチン、グリシチン…イソフラボン配糖体(グリコシド)
  • ダイゼイン、ゲニステイン、グリシテイン…アグリコン
  • ダイゼイン…乳がん細胞の成長を促進するエストロゲンの働きを弱める作用があると考えられています。
  • ゲニステイン…がん細胞に栄養を運ぶ血管の形成を阻害する作用があり、がん腫瘍の発育を遅らせると考えられています。前立腺がんや乳がんの治療で作用が期待されています。
  • フィチン酸…抗酸化作用があり、主要を成長させる酵素の働き抑制すると考えられています。
  1. ≪≪≪種子・胚芽・果実類健康食品

PAGE TOP