健康食品と言うサプリメント

小麦胚芽|作用と性質、注意事項

種子・胚芽・果実類健康食品である小麦胚芽の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

小麦胚芽という健康食品とは

原材料…小麦胚芽は小麦の皮部、胚乳部、胚芽部です。皮部が食物繊維の豊富な小麦ふすまで、シリアルなどに利用され、胚乳部は小麦粉になります。そして、胚芽部は小麦のわずか2%程しかありませんが、栄養成分が豊富にあります。

特徴…胚芽は脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質が含まれ、ビタミンEやビタミンB群を豊富にあります。ビタミンEは生理活性の高いαトコフェノールを多く含み、過酸化脂質の生成を防ぐ作用があります。その作用から、血管の若さを保ち、血液の粘度を下げて血行をよくする作用が期待できます。更に、ビタミンEの抗酸化作用によって、老化予防が期待できます。また、含まれるビタミンB1は疲労や便秘、脚気の症状の改善に作用が期待できます。

利用方法…製粉過程で小麦胚芽を取り出して小麦胚芽油を抽出したり、加熱処理をした小麦胚芽食品があり、「食用小麦胚芽油」「ビタミンE含有食用小麦胚芽油」「小麦胚芽油加工食品」として製品化されています。粉末やフレークなどの製品では、脂肪分を残したものと脱脂したものがあります。

効能効果などの注意事項-健康食品やサプリメントの作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

小麦胚芽で期待される健康維持の作用

  • 生活習慣病を防ぎます。
  • 肌のしみを防ぎます。
  • 疲労を回復し気力を充実させます。
  • 動脈硬化を防ぎ、血管の若さを保ちます。
  • 脚気を予防する作用があります。
  • 血液をさらさらにして血行をよくします。
  • 便秘を予防・改善します。

小麦胚芽の主な栄養成分と性質

  • ビタミンE…過酸化脂質の生成を抑制します。
  • ビタミンB群…糖質、資質などの栄養代謝にはたらきます。
  • ミネラル類
  • 食物繊維…腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。
  • たんぱく質…必須アミノ酸が豊富で、リジン、ロイシン、バリンは卵の2倍ほど多く含まれる。