健康食品と言うサプリメント

黒豆|作用と性質、注意事項

種子・胚芽・果実類健康食品である黒豆の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

黒豆という健康食品とは

原材料…黒豆は黒大豆種皮で、外皮の黒い大豆です。

特徴…黒大豆種皮の黒い色素はアントシアニンと呼ばれるポリフェノール成分です。抗酸化作用が強く、脂肪の燃焼促進や体外排出を促進するなどの作用があります。タンパク質、ミネラル、ビタミン類をバランスよく摂ることができます。

利用方法…乾燥豆を水でもどして利用するのが一般的です。現在は健康食品としてさまざまな商品が販売されています。

効能効果などの注意事項-健康食品やサプリメントの作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

黒豆で期待される健康維持の作用

  • 悪玉コレステロールの酸化を抑制する作用があります。
  • コレステロールを低くします。
  • 脂質の代謝を促進します。
  • 記憶力の維持にはたらきます。
  • 内臓脂肪の蓄積を抑制します。
  • 肝臓・腎臓を強化します。
  • 煮汁はぜんそくや二日酔いを解消します。
  • 黒豆を酢に浸して成分を浸出させた黒豆酢は痛風を改善します。
  • 視力を向上させます。
  • 活性酸素を除去します。
  • 血圧上昇を抑制します。
  • 抗ウイルス作用があります。

黒豆の主な栄養成分と性質

  • 黒豆の脂質にはリノール酸やレシチンが豊富…コレステロールの低下、脂質の代謝促進、記憶力の維持、肝臓、腎臓の強化などに有効です。
  • リジン、トリプトファンなどのアミノ酸
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンB1・E
  • 葉酸
  • シアニジン-3-グルコシドといったアントシアニン類…抗酸化作用があり、生活習慣病を予防する作用があります。
  • サポニン…のどの粘膜をなめらかにする成分です。