健康食品と言うサプリメント

パパイア|作用と性質、注意事項

種子・胚芽・果実類健康食品であるパパイアの作用と性質、注意事項についてお伝えします。

パパイアという健康食品とは

原材料…パパイアの原産地はメキシコなど熱帯アメリカです。日本ではハワイからの輸入ものがほとんどです。

特徴…熟したものにはビタミンAとCが多く含まれています。ビタミンCは100g中に50mgほど含有されていて柑橘類よりも多いです。また、種子や葉はパパインというタンパク質分解酵素を含んでいますが、パパインは未熟果実に多く、熟した果実では減少します。

利用方法…パパインというタンパク質分解酵素は、アメリカでは消化剤に利用され、東南アジアなどの伝統医療では消化補助剤や寄生虫駆除などに利用されていました。日本では、このエキスが飲料、顆粒で商品化されています。なお、パパインは強い胃酸の中では活性を失い、果実が熟しすぎると作用が望めません。

注意…精製していないパパイア抽出物で、皮膚症状や胃腸障害といったアレルギー症状や過敏症があらわれる場合があります。

効能効果などの注意事項-健康食品やサプリメントの作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

パパイアで期待される健康維持の作用

  • タンパク質の多い食生活で消化を助ける作用があります。

パパイアの主な栄養成分と性質

  • プロビタミンA(βクリプトキサンチン)…代謝されてビタミンAに変わるため、体内に蓄積されて過剰症をおこすことのないビタミンAです。
  • ビタミンB1、B2、C
  • パパイン、キモパパイン、パパイア・ペプチターゼ…タンパク質分解酵素です。
  • カルシウム
  • 食物繊維

  1. ≪≪≪種子・胚芽・果実類健康食品