健康食品と言うサプリメント

蕎麦|作用と性質、注意事項

種子・胚芽・果実類健康食品である蕎麦の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

蕎麦という健康食品とは

原材料…蕎麦は中央アジアが原産といわれています。寒冷な産地や荒地にできるものほど味がよいといわれています。

特徴…蕎麦は良質のタンパク質とビタミンPの一種(厳密にはビタミン様物質)であるルチンという成分を含むのが特徴的です。ルチンはビタミンCと共に毛細血管を強くするはたらきや、血圧降下作用があり、歯ぐきからの出血や高血圧による脳出血などの出血性の病気を予防する作用が期待できます。また、必須アミノ酸であるトリプトファン、スレオニン、リジンなどを多く含有しています。

利用方法…ルチンは蕎麦をゆでる時に溶け出すため、ルチンが溶け出した蕎麦湯を飲むことがすすめられます。

効能効果などの注意事項-健康食品やサプリメントの作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

蕎麦で期待される健康維持の作用

  • 毛細血管を強くするはたらきや、血圧降下作用があります。
  • 歯茎からの出血を防いだり、高血圧による脳出血など、出血性の病気を予防する作用があります。
  • 便秘を予防する作用があります。

蕎麦の主な栄養成分と性質

  • ルチン…ビタミンCとともに毛細血管を強くしたり、血圧降下作用が期待できます。歯茎からの出血を防いだり、高血圧による脳出血など、出血性の病気の予防には欠かせない成分です。ビタミンPの一種とされることが多いですが、厳密にはビタミン様物質です。
  • トリプトファン、スレオニン、リジン…必須アミノ酸で良質のタンパク質です。
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンK…体内での出血を予防する作用があります。
  • 食物繊維…便秘予防に作用が期待できます。
  • ナイアシン…コレステロールを下げる作用が期待できます。