健康食品と言うサプリメント

青汁|効能効果と注意事項

葉緑素類健康食品である青汁の作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

青汁という健康食品とは

原材料…青汁に主に使われる原料はケールです。地中海地方原産のアブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーの原種といわれます。結球せず、茎が立っていて、円形や長円形の葉をつけます。葉は柔らかくてち縮れており、強い香りがあります。品種はキッチンケール、マローケール、ブッシュケール、ツリーケール、ポルトガルケールなどで、葉を食用にします。また、青汁の原料には大麦の若葉、モロヘイヤ、明日葉、ゴーヤなどが利用されています。

特徴…青汁の緑色はクロロフィル(葉緑素)の色で、クロロフィルのほかにビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。注目される成分は、クロロフィル(葉緑素)、ビタミンA(βカロチン)、ビタミンC、カリウムで、不規則な生活を送る現代人の健康維持に役立ちます。現代人に不足する微量栄養素を補い、免疫機能を高め、からだのバランスを整えます。そして、抗酸化作用や生活習慣病の予防に作用が期待できます。また、青汁を飲み続けることでダイオキシンなどの環境汚染物質の対外排出が促進される研究結果があります。

利用方法…青汁を飲むことで血圧や血糖値が下がった、病気にかかりにくくなったなどの評判が広まり健康食品として定着しました。ケール自体を調理して食べることが少ない日本では、青汁のために栽培されて加工されるのが一般的です。耐寒性に優れたケールは、家庭の栽培も容易な品種です。販売されている青汁の原材料にはケール、あるいは大麦若葉が利用されていて、製品によっては他の野菜や果物などが配合されています。健康食品で販売される形態は、青汁を冷凍したものや粉末、顆粒などが一般的です。

注意…クロロフィルの分解物であるフェオホルバイドは光過敏症などの皮膚障害を起こすことがあるため、厚生労働省によって含量が規制されています。最新の情報に留意して、過剰な使用を避けるようにしましょう。また、クロロフィルにはビタミンKが含まれるため、大量摂取した場合、ワルファリンなどの血液抗凝固剤の作用を減弱させる可能性があります。医薬品などと服用する場合には医師と相談して利用するようにしましょう。

青汁の効果効能などの注意事項-青汁の健康食品やサプリメントの効果や効能、作用や性質は絶対的なものではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

青汁で期待される健康維持の作用

  • 動脈硬化を予防に作用が期待されます。
  • がんの発生を予防します。
  • 視力を向上します。
  • 呼吸器や消火器の粘膜を強化します。
  • 体の防御機能を強化します。
  • ウイルスに対する抵抗力を強化します。
  • かぜを予防します。
  • ストレス防止にはたらきます。
  • 肝機能を高め、解毒を促進します。
  • 便通を改善します。
  • 脂質代謝を改善する作用が期待されます。
  • 抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や改善に作用が期待されます。

青汁の主な栄養成分と性質

  • ビタミンA(βカロチン)…動脈硬化や活性酸素によるがんの発生を予防します。また、視力の向上、呼吸器や消化器の粘膜の強化などに作用が期待できます。
  • ビタミンC…からだの防御機能を強化、ウイルスに対する抵抗力の強化、かぜの予防、ストレス対策などに作用が期待されます。
  • ビタミンU…胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜の新陳代謝を強化し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善させる作用が期待できます。キャベツから見つかった物質であることからキャベジンの別名を持ち、胃腸薬にも使われています。
  • 葉緑素(クロロフィル)…増血、血栓予防、血圧降下、コレステロール低下、整腸、解毒、免疫力強化など多くの作用があります。
  • 食物繊維 …腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。
  • カルシウム
  • カリウム

  1. ≪≪≪葉緑素類健康食品

PAGE TOP