健康食品と言うサプリメント

グルタミン酸|作用と性質、注意事項

タンパク質・アミノ酸類サプリメントであるグルタミン酸の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

グルタミン酸の作用と性質

  • 脳神経細胞のエネルギー源となるアミノ酸でエネルギー代謝に関わります。
  • 毒性のあるアンモニアをグルタミンに変え、尿の排泄を促進します。
  • 窒素代謝に関わります。
  • 過剰症-神経が高ぶる事で眠れなくなったり、神経症、幻覚などの症状が出る場合があります。脳細胞が障害を受ける可能性があります。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

グルタミン酸で期待される健康維持の作用

  • 脳機能を活性化して、ストレスへの抵抗力を高めます。
  • 尿の排泄を促します。
  • 知能を高めます。
  • 認知症の予防、精神分裂病やボケの治療にはたらきます。
  • 細胞の柔軟性を維持します。
  • アルコール依存症を改善します。
  • 潰瘍の回復を早めます。
  • ED(インポテンツ)を解消します。

グルタミン酸が欠乏すると心配される症状

  • 脳の機能が損なわれやすくなります。
  • 疲労がたまったり、抑うつ傾向になりやすくなります。
  • 細胞の柔軟性が損なわれやすくなります。

グルタミン酸を多く含む食品

  • 大豆
  • 海藻
  • 小麦粉
  • ピーナッツ