健康食品と言うサプリメント

コラーゲン|効能効果と注意事項

タンパク質・アミノ酸類サプリメントであるコラーゲンの作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

コラーゲンの作用と性質

  • 細胞や組織をつないで機能の活性化を促進することで、皮膚や骨、関節、目の機能を丈夫にし、老化を防止します。
  • 血管を丈夫にして弾力を与えます。
  • 血小板と反応し、出血を早く止めます。
  • 免疫機能を強めてがんを予防し、アレルギー体質を改善します。
  • ビタミンCをとることで体内での生成が促進されます。
  • 脳にあるコラーゲンは、神経膠細胞として、脳膜や脳の血管、脳神経の細胞に栄養を運ぶ性質があります。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

コラーゲンで期待される健康維持の作用

  • 白髪、薄毛など髪の老化を防止します。
  • 老眼や眼精疲労、老人性白内障などを予防します。
  • 肌のはり、柔軟性を保つなどの美肌作用があり、老化を防止します。
  • がんを予防します。
  • たんぱく質に過剰反応の出る人以外のアレルギー体質を改善します。
  • 骨を丈夫にして、骨粗鬆症を予防します。
  • 変形性関節症、関節痛を和らげます。

コラーゲンが欠乏すると心配される症状

  • 皮膚の水分量が減って、老化が進む可能性があります。
  • 内蔵の機能が弱まる可能性があります。
  • 骨がスカスカになり、骨粗鬆症になりやすくなる可能性があります。

コラーゲンが必要な人の例

  • 肌の衰えが気になっている人
  • 骨粗鬆症が心配な人
  • 目が疲れやすい人

コラーゲンを多く含む食品

  • 動物の骨、皮
  • 鶏の手羽
  • 鶏のガラ
  • 鶏の胸肉
  • 砂肝
  • レバー
  • 豚挽き肉
  • 豚足
  • 豚耳
  • スペアリブ
  • 牛スジ
  • マトン
  • かれい
  • えび
  • ふかひれ
  • 貝類
  • どじょう
  • なまこ
  • 調理の際、コラーゲンは水に溶け込むため、灰汁や脂を取り除いてもコラーゲンは失われません。また、ビタミンCと鉄を一緒にとると体内でコラーゲンをつくりやすくなります。

  1. ≪≪≪タンパク質・アミノ酸類サプリメント

PAGE TOP