健康食品と言うサプリメント

ホワイトウィロー|作用と性質、注意事項

ハーブ類サプリメントであるホワイトウィローの作用と性質、注意事項についてお伝えします。

ホワイトウィローとは

  • ホワイトウィローは高さ25mほどある樹木で、ヨーロッパや北米で自生しています。和名で西洋シロヤナギと呼ばれます。ヨーロッパの民間医療などでホワイトウィローの樹皮の抽出エキスが鎮痛や解熱、抗炎症に利用されてきました。有効成分はサリチルアルコールを経てサリチル酸に変わるサリシンです。サリシンは頭痛薬で知られるアスピリンを作る成分として知られています。ホワイトウィローにはタンニンが含まれ、アスピリンに比べ胃炎などの副作用が少ないと考えられています。サリシンはホワイトウィローの樹皮に存在しています。サプリメントとして市販されています。
  • 注意-アレルギーや過敏症に注意しましょう。アスピリンアレルギーの人は注意しましょう。専門家の指導の下、摂取しましょう。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

ホワイトウィローで期待される健康維持の作用

  • 鎮痛作用があります。
  • 抗炎症作用があります。
  • 解熱作用があります。
  • 抗酸化作用があります。
  • 腰痛改善の作用が期待されています。
  • 変形性の関節症改善の作用が期待されています。
  • 関節リウマチの症状改善の作用が期待されています。

ホワイトウィローの主な栄養成分と性質

  • サリシン…サリチルアルコールを経てサリチル酸に変わる。サリチル酸は鎮痛作用や解熱、抗炎症作用があります。
  • フラボノイド類
  • タンニン類