健康食品と言うサプリメント

バナジウム|効能効果と注意事項

ミネラル類サプリメントであるバナジウムの作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

バナジウムの作用と性質

バナジウムは、脂質の代謝やコレステロールの合成を抑制する作用が動物実験で認められていて、脂質やコレステロールの代謝にはたらくと考えられています。

バナジウムが不足することで脂質やコレステロールの動きが悪くなり、血管にコレステロールが蓄積されやすくなったり、動脈硬化になりやすくなったりすると考えられます。

インスリンと似た作用を示すことから、インスリン依存型の糖尿病の治療にも注目されています。

バナジウムの主な作用と性質のまとめ

  • 脂質の代謝、コレステロールの合成を抑制します。
  • 超微量元素で、脂質やコレステロールの代謝にはたらきます。
  • アミノ酸の有害代謝物質であるホモシスチンを抑制します。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

バナジウムで期待される健康維持の作用

  • コレステロールの沈着を防ぐことで動脈硬化を予防します。
  • 心臓発作を予防します。
  • インスリンと似た作用をするバナジウムが血糖値を正常にすると考えられ、インスリン依存型の糖尿病を改善します。

バナジウムが欠乏すると心配される症状

  • 脂質、コレステロールの動きが悪くなり、動脈硬化になりやすくなります。

バナジウムが必要な人の例

  • 動脈硬化症の人
  • 糖尿病の人

バナジウムを多く含む食品

  • ミネラルウォーター
  1. ≪≪≪ミネラル類サプリメント

PAGE TOP