健康食品と言うサプリメント

コンドロイチン硫酸|作用と性質、注意事項

ムコ多糖類サプリメントであるコンドロイチン硫酸の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

コンドロイチン硫酸の作用と性質

  • コンドロイチン硫酸はムコ多糖類の一種で、コラーゲンとともに結合組織を構成します。
  • 食物繊維の仲間で、関節やじん帯の弾力性を保ちます。
  • カルシウムの代謝にかかわります。
  • 年齢とともに体内でつくられにくくなります。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

コンドロイチン硫酸で期待される健康維持の作用

  • 体の細胞を健康に保ち、 傷の修復や肌のみずみずしさ、はりを保ちます。
  • 骨の成長を助けて、骨粗しょう症を予防する作用があります。
  • 目の角膜、水晶体に作用して、透明感や弾力性を保ちます。
  • 栄養分の消化・吸収・代謝を促進します。
  • 血液中のコレステロールなどを除いて、動脈硬化や高血圧を予防する作用があります。
  • 関節、じん帯などの弾力性や円滑性を保tます。
  • 体内の結合組織を構成し、健康なからだをつくります。
  • 細胞の増殖を促進して、精子を増やします。

コンドロイチン硫酸が必要な人の例

  • ひざの痛みがある人
  • 関節炎を改善したい人
  • 腎疾患・リウマチの人
  • 高血圧・動脈硬化の心配がある人
  • 神経痛・腰痛・肩こりで悩んでいる人
  • 目・髪・肌などの老化が気になっている人

コンドロイチン硫酸を多く含む食品

  • 納豆
  • なめこ
  • オクラ
  • 海藻

  1. ≪≪≪ムコ多糖類サプリメント