健康食品と言うサプリメント

ビフィズス菌|作用と性質、注意事項

乳酸菌類サプリメントであるビフィズス菌の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

ビフィズス菌の作用と性質

  • ビフィズス菌は腸内で腐敗菌など有害菌の繁殖を抑えます。
  • 腸内有害菌が生成する有害物質を減少させます。
  • 免疫能力を向上させて、病原菌やがん細胞に対する抵抗力を高めます。
  • 乳酸と酢酸を産生して腸のはたらきを活発にします。
  • 腸内環境を整え、腸内でビタミンB群やビタミンKの合成を促します。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

ビフィズス菌で期待される健康維持の作用

  • 体内の免疫機能を調整して、病原菌やがん細胞に対する抵抗力を高めます。
  • 有害物質を減少させて肝臓の負担を軽くします。
  • 大腸内の腐敗菌の増殖を抑えて、下痢を予防する作用があります。
  • ビタミンB群・ビタミンKを合成して、貧血、肌荒れ、出血性疾患を改善します。
  • 腸のはたらきを活発にして、消化・吸収をよくし、便秘を予防する作用があります。

ビフィズス菌が必要な人の例

  • お年寄りや乳幼児
  • 貧血気味の人
  • 肝臓が弱い人
  • 感染症にかかりやすい人
  • 抗生物質を服用している人
  • 便秘しがちな人
  • 下痢しがちな人
  • 肌が荒れている人