健康食品と言うサプリメント

イノシトール|作用と性質、注意事項

ビタミン様物質サプリメントであるイノシトールの作用と性質、注意事項についてお伝えします。

イノシトールの作用と性質

イノシトールはビタミンB群の一種で、水溶性のビタミンです。

イノシトールには肝臓に脂肪がたまらないようにしてくれる作用があるため、「抗脂肪肝ビタミン」などとも呼ばれます。また、コレステロールの流れをよくする作用が認められていて、動脈硬化の予防も期待できます。

また、イノシトールは細胞膜を構成するリン皮質の重要な成分で、神経細胞の膜に多く含まれています。脳細胞に栄養を供給したり、神経を正常に保つはたらきがあります。

イノシトールの主な作用と性質のまとめ

  • 脂肪とコレステロールをからだが使えるようにします。
  • 肝臓に脂肪がたまりすぎないようにはたらきます。
  • 細胞膜を構成するリン脂質の重要な成分で、特に神経細胞の膜に多く含まれています。
  • 脳細胞に栄養を供給したり、神経を正常に保つはたらきをしています。
  • からだの中で合成されます。
  • 水溶性のビタミンで、ビタミンB群の仲間です。
  • 過剰症-心配ないと考えられています。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

イノシトールで期待される健康維持の作用

  • 脂肪肝や動脈硬化を予防する作用があります。
  • 神経を正常に保ちます。
  • 抜け毛を防ぎます。

イノシトールが必要な人の例

  • 脂肪の摂取量が多い人
  • 脂肪肝・動脈硬化を予防したい人

イノシトールを多く含む食品

  • オレンジ
  • 西瓜
  • メロン
  • グレープフルーツ
  • 小麦胚芽
  • ささげ
  • グリーンピース

  1. ≪≪≪ビタミン様物質サプリメント