健康食品と言うサプリメント

リポ酸|作用と性質、注意事項

ビタミン様物質サプリメントであるリポ酸の作用と性質、注意事項についてお伝えします。

リポ酸の作用と性質

リポ酸は水溶性ではなく脂溶性でもありません。体内のすべての細胞に浸透する性質があります。ビタミン様物質であるリポ酸は活性酸素を抑制する抗酸化作用が認められています。体内で生成されますが、年齢を重ねると共に十分な生成が望めなくなるため、サプリメントなどで補う必要があります。

抗酸化作用のあるビタミンではビタミンCやビタミンEが代表的なものですが、それらの作用を向上させたり、不足した時に補う作用がリポ酸にはあります。

運動量が多い人ほど酸素を消費し活性酸素を生成します。活性酸素は筋肉痛やこわばりの原因になるため、抗酸化作用のあるリポ酸を摂ることで回復の作用が期待されます。

ほかに脳卒中による脳の損傷を治すはたらきが知られています。

リポ酸の主な作用と性質のまとめ

  • 抗酸化作用があり、さまざまな活性酸素からからだを守ります。
  • ビタミンCやEの不足を補ったり、作用を高めます。
  • 解毒作用があります。
  • パントテン酸やビタミンB1とともに糖質やアミノ酸の代謝にはたらきま、血糖値を正常に保ちます。
  • 体内で合成されます。
  • 水溶性でも脂溶性でもなく、体内ですべての細胞に浸透します。
  • 別名チオクト酸、α-リポ酸といいます。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

リポ酸で期待される健康維持の作用

  • 筋肉の回復を早めます。
  • 肝臓の代謝をよくします。
  • 血糖値を正常に保ちます。

リポ酸が必要な人の例

  • 運動する人

リポ酸を多く含む食品

  • レバー
  • ほうれん草
  • 酵母