健康食品と言うサプリメント

ビタミンU|作用と性質、注意事項

ビタミン様物質サプリメントであるビタミンUの作用と性質、注意事項についてお伝えします。

ビタミンUの作用と性質

ビタミンUはキャベツから発見された水溶性のビタミン様物質で、別名キャベジンとも呼ばれます。

ビタミンUには主に胃酸の分泌を抑える作用があり、胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にします。胃腸の粘膜を修復するタンパク質の合成を促進し、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を改善する作用が期待されます。

ビタミンUは、水に溶けやすく熱に弱いため、野菜から摂る場合、生で食べることが推奨されます。

ビタミンUの主な作用と性質のまとめ

  • 胃酸の分泌を抑えます。
  • 胃腸の粘膜の修復にはたらき、胃・十二指腸潰瘍を改善する作用が期待されます。
  • 細胞分裂やタンパク質の合成を促進します。
  • 水に溶けやすく、熱に弱いです。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

ビタミンUで期待される健康維持の作用

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍を改善する作用が期待されます。

ビタミンUを多く含む食品

  • キャベツ
  • レタス
  • セロリ
  • アスパラガス
  • 青のり
  • トマト