健康食品と言うサプリメント

アボカドオイル|作用と性質、注意事項

植物性油脂類健康食品であるアボカドオイルの作用と性質、注意事項についてお伝えします。

アボカドオイルという健康食品とは

原材料…アボカドオイルの原材料であるアボカドはアフリカ原産で、中米から北米にかけて栽培される常緑高木にできる果実です。

特徴…アボカドの果肉には脂肪分が27%ほど含有されていて、アボカドオイルはこの油分を抽出したものになります。その脂質の多くはコレステロールの心配がない不飽和脂肪酸で、オレイン酸が70%、リノール酸10%、スクワレン、リノレン酸などが含まれていて、オレイン酸はオリーブ油に多く含まれる脂肪酸と同様に抗酸化作用、抗がん作用が期待できます。

果実は「森のバター」、あるいは「ラブ・フーズ」などの別名があり、栄養豊富で消化がよい食品です。アボカドの果肉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。ビタミン類は脂溶性のビタミンA・D・E、水溶性のC・B1・B2、ナイアシン、パントテン酸、コリンなどが含まれます。ミネラル類ではマグネシウム、カリウムがバランスよく含まれ、体力の維持にはたらきます。ビタミンEは不飽和脂肪酸の吸収を助けるはたらきがあるので、抗がん作用や老化予防に作用が期待されます。また、トリプトファンやリジンなどの良質のアミノ酸を多く含んでいます。

利用方法…アボカドオイルは加熱しても酸化されにくい性質があり、加熱調理に使用することができます。また、、皮膚細胞を潤滑にさせる作用があるので化粧品にも配合されています。

注意…アボカドは高エネルギーであるため、アボカドオイルの摂り過ぎ、果実の食べ過ぎは肥満を招くので注意しましょう。

効能効果などの注意事項-健康食品やサプリメントの作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

アボカドオイルで期待される健康維持の作用

  • ボケを予防する作用があります。
  • 高血圧を予防する作用があります。
  • 肝臓病を予防する作用があります。
  • 血中コレステロールを低下さます。
  • 皮膚の細胞に潤いを与え、肌を美しく、丈夫にします。
  • 活力をつけます。
  • 胃酸の分泌を調整し、胃酸過多・胃潰瘍を予防する作用があります。

アボカドオイルの主な栄養成分と性質

  • オレイン酸…人体内で合成できる単価不飽和脂肪酸で、コレステロールを減少させるとともに、胃酸の分泌を整え、腸の機能を高めます。
  • リノール酸…必須脂肪酸で、多価不飽和脂肪酸の一種です。コレステロールを減少させ、動脈硬化、心臓病、高血圧を予防する作用があります。
  • スクワレン…不飽和脂肪酸の一種で、細胞や皮膚の発育を促進し、体内の新陳代謝を促します。
  • ビタミンA・D・E…脂溶性ビタミンで、油によって体内に運ばれ、効率よくはたらきます。ビタミンAは視力の向上、がん予防にはたらきます。ビタミンDは骨や歯、筋肉の強化をします。ビタミンEは細胞の酸化防止、老化防止などにはたらきます。
  • ビタミンB1…脳や神経のエネルギー源となる糖質の分解を促進し、神経の機能を正常に保ちます。
  • ビタミンB2…脂質の代謝を円滑にしたり、口内炎を予防する作用があります。
  • ナイアシン、パントテン酸…皮膚を丈夫にしたり、ストレスへの抵抗力をつけます。
  • コリン…肝臓に脂肪がたまるのを防ぎ、肝硬変や動脈硬化を予防する作用があります。
  • カルシウム、マグネシウム…骨や歯をつくり、神経の興奮を鎮める作用があります。