健康食品と言うサプリメント

EPA|効能効果と注意事項

脂肪酸類サプリメントであるEPAの作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

EPAの作用と性質

  • 血小板の凝集を抑制します。
  • 血栓を溶解させます。
  • 血管を拡張します。
  • 悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールをふやします。
  • 血液中の中性脂肪を減らします。
  • 抗がん作用があります。
  • アラキドン酸の作用を抑制します。
  • 過剰症-血液が凝固しにくくなり、出血が止まりにくくなります。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

EPAで期待される健康維持の作用

  • 脳卒中を予防します。
  • 高血圧を予防、改善します。
  • 動脈硬化、心筋梗塞を予防します。
  • 高脂血症を予防、改善します。
  • 虚血性心疾患を予防、改善します。
  • 大腸がん、前立腺がん、乳がんなどの発がん・増殖・転移を予防します。
  • アレルギー症状を予防、改善します。
  • 慢性関節炎など炎症性疾患を予防、改善します。

EPAが欠乏すると心配される症状

  • 血液が凝固しやすくなり、動脈硬化など循環器系の疾患を招いてしまいます。
  • 血圧が上昇します。
  • 血中の中性脂肪がふえて高脂血症を招きます。
  • 悪玉コレステロールが増加します。
  • 主要に対する抵抗が弱くなります。
  • アレルギーが発症しやすくなります。

EPAが必要な人の例

  • 血圧・血中コレステロール・中性脂肪などが高めの人
  • アトピー性皮膚炎などアレルギー症状のある人
  • 炎症性疾患のある人
  • 肉や加工品を多く食べる人

EPAを多く含む食品

  • 本マグロ刺身
  • 養殖マダイ
  • ブリ
  • サバ
  • 養殖ハマチ
  • うなぎ
  • サンマ
  • マイワシ
  • バイ貝
  • マコガレイ
  • スケトウダラ
  • キス
  • ハゼ

  1. ≪≪≪脂肪酸類サプリメント

PAGE TOP