健康食品と言うサプリメント

ビオチン|効能効果と注意事項

ビタミン類サプリメントであるビオチンの作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

ビオチンの作用と性質

ビオチンはビタミンB群の一種で水溶性です。ビタミンHとも呼ばれます。ビオチンは髪や皮膚の健康に必要なビタミンで、不足すると湿疹ができたり、髪が抜けたり、白髪になりやすくなります。

またビオチンは腸内細菌によって合成されるため、抗生物質を服用している場合、腸内細菌の状態が悪くなり、ビオチンの欠乏を招く可能性があります。

ビオチンの主な作用と性質のまとめ

  • 糖質、脂質、タンパク質のエネルギー代謝に効率的にはたらきます。
  • 腸内細菌によって合成されます。
  • 水溶性です。
  • 別名ビタミンHです。
  • 過剰症-心配ないと考えられています。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

ビオチンで期待される健康維持の作用

  • ビオチンは、白髪、抜け毛を予防します。
  • 皮膚、髪の健康を保ちます。
  • 筋肉痛を緩和します。

ビオチンが欠乏すると心配される症状

  • 脱毛しやすく、早く白髪になります。
  • 憂うつ、無気力になります。顔色が蒼白になります。
  • 食欲不振、吐き気、嘔吐をおこします。
  • 脂漏性皮膚炎になったり、肌がくすみます。
  • 疲労が激しくなり、手足に力が出ず、筋肉が痛くなります。

ビオチンが必要な人の例

  • 肌荒れ・白髪・はげが気になる人
  • 抗生物質を長期間飲んでいる人

ビオチンを多く含む食品

  • いわし
  • レバー

  1. ≪≪≪ビタミン類サプリメント

PAGE TOP