健康食品と言うサプリメント

βカロチン|効能効果と注意事項

カロテノイド類サプリメントであるβカロチンの作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

βカロチンの作用と性質

  • ビタミンではありません。しかし、ビタミンAが体内で不足しているとき、必要な分だけビタミンAに変わるのがβカロチンで、変わらないものはβカロチンとして体の組織に蓄積されます。
  • ビタミンAの過剰症のリスクを避けることができます。
  • ビタミンCビタミンEとともに摂取することで、抗酸化物質としての機能を大きく発揮します。
  • 主に緑黄色野菜に多く含まれています。
  • 調理する際、油脂に溶けやすく、熱に強い性質があり、体内への吸収率が上がる性質があります。植物油を使用すると吸収率は4倍になるとも言われています。しかし、熱に強いとはいえ限界があり、ある温度や時間を超えた調理は成分を壊してしまうと考えられています。食材を調理する上で注意する必要があります。その点サプリメントですと確実に摂取することができます。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

βカロチンで期待される健康維持の作用

  • 老化やがんを抑制します。
  • 心臓病を予防します。
  • 筋肉痛を緩和します。
  • 視力を向上します。
  • 皮膚や粘膜を正常に保ちます。
  • 免疫力を強化します。

βカロチンが欠乏すると心配される症状

  • 粘膜が弱くなる可能性があります。
  • がんになる可能性があります。

βカロチンが必要な人の例

  • 視力が低下している人
  • かぜを引きやすい人
  • 肌荒れが気になる人
  • 血液がドロドロの人

βカロチンを多く含む食品

  • モロヘイヤ
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • にら
  • にんじん
  • 春菊
  • あしたば

  1. ≪≪≪カロテノイド類サプリメント

PAGE TOP