健康食品と言うサプリメント

タンパク質|効能効果と注意事項

タンパク質・アミノ酸類サプリメントであるタンパク質の作用と性質から分かる効能効果と注意事項についてお伝えします。

タンパク質の作用と性質

  • 生命の維持に欠かせません。体内で筋肉、内臓などの構成成分となります。
  • 生体反応の触媒であるペプチドホルモンを合成します。
  • 免疫機能を高めます。
  • 効能効果などの注意事項-サプリメントや健康食品の作用や性質は絶対的な効能や効果ではありません。医師や専門家に相談の上、医薬品や他のサプリメントとの摂取の仕方などに注意して使用しましょう。

タンパク質で期待される健康維持の作用

  • 脳のはたらきを活性化します。
  • 神経のはたらきをよくして精神状態を安定させます。
  • 筋肉を強化します。
  • 免疫力を高め、病気やケガなどに対する抵抗力、治癒力を高めます。

タンパク質が欠乏すると心配される症状

  • 脳の働きが低下し、鈍ります。記憶力、思考力が減退します。
  • うつ病や神経症になりやすくなります。
  • 性的な能力が衰えます。
  • 体力、免疫力が低下します。
  • 血管が脆弱化し、脳卒中の危険性が増加します。
  • 成長障害をおこす可能性があります。

タンパク質が必要な人の例

  • すべての老若男女

タンパク質にとってのアミノ酸とは?

  • アミノ酸はタンパク質を構成する重要なものです。個々のタンパク質はさまざまなアミノ酸の構成によってできています。
  • アミノ酸は全部で20種類あります。20種類中、9種類は体内で合成されないか、合成されにくい性質があります。この9種類を必須アミノ酸と呼びます。子供の場合は合成されないアミノ酸が1種類多く、必須アミノ酸は10種類になります。

必須アミノ酸の種類

タンパク質を多く含む食品

  • 肉類
  • 魚介類
  • 大豆
  • 牛乳

  1. ≪≪≪タンパク質・アミノ酸類サプリメント

PAGE TOP